手元もハンドケア

フェイスラインの肌ケアは朝と夜で二回ですが、一日中がんばっている手元はご飯作りや手洗いする度に必要ですよね。
顔を洗ってからのスキンケアは念入りにしてるけど、手元は忙しいとクリームでもさっとぬるくらいで肌いたわるという感じでなかったりします。

熟年のいい年頃となってこの部分もアンチエイジングする必要があるなと感じ、手の甲や指先と念入りに保湿成分や美容成分を丁寧にぬり込んでおきます。
お肌は身体のパーツならどこでもあるわけで、手の甲にもシミってできてしまうんですね、うっすらとここ数年気になっていたパーツでした。
手袋しない秋までは化粧水をパッティングしてからハンドクリーム、これはけっこういい効果で肌なめらかになる方法。

それからの冬というと冷え性の体質でもあり、外出のときには手袋ですから手の甲のシミは気にならず、指先の肌乾燥のほうがメインのケアになっていました。
一冬こえてみて手元もUVケアとじっくり見れば、秋の頃より目立たなくなってうっすら、ほんのりくらいシミに。
寒い季節に身体の中からメラニンが排出できたということは、靴下やあったかグッズなども役立って代謝が進んだということなんでしょう、ハンドケアも欠かせないなと思いました。